練習する時はストラップを

スポンサーリンク

今回のテーマはストラップの重要性です。

みなさんがエレキギターを練習する時は、おそらくヘッドホンをして、椅子に座って練習すると思います。

私はアンプがなかったので、無理やりCDラジカセにつないで音をだしていました。

椅子に座って練習をしていたのですが、ストラップはつけていませんでした。

重たいギターを膝の上にのせて練習する。

そうすると無意識のうちに、ギターが落ちないように、ギターを抱えあげるクセがついてしまうのです。

左手で大切なのは、しっかりとポジションを押さえること。

そして、左手の表現を使って音にメリハリをつけることなのに、いつの間にか、左手でギターを持ち上げるような姿勢になってしまっていました。

だからライブに出演して、立って弾く時も、ちょっと左肩が下がっていて、左手でギターを支えるように弾いていました。

ストラップはおまけみたいな感覚。

ネックレスみたいな感覚でした。

スポンサーリンク

そうではない。

ストラップはギターを体で支えるためのものです。

ストラップを使って、重たいギターを、宙に浮いたような状態にする。

そこに左手と右手をもってくるのです。

なので、ストラップを使って、体全体でギターを抱えた上で、左手と右手が自由に動かせる状態を作ってあげる。

そうしないと、腕でギターを抱えるクセがついて、両手の自由が制限されます。

ストラップが原因とも知らずに、自分にはできないフレーズがあると思ってしまい、自信喪失にもつながります。

初心者のうちは、立って練習する機会はそんなにないでしょう。

座って弾くのなら、ストラップを必ずつけて、体全体でギターを抱えた状態にしてください。

そのためには前かがみだとダメなはずです。

ある程度姿勢を良くしていなければ、ギターは体で支えられません。

これは結構、エレキギター上達のために、ポイントとなるところです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする