ギターの握り方と右手の振り方について

スポンサーリンク

今回のテーマはギターの握り方と右手の振り方についてです。

これはギタリスト各々個性があり、正解はないと思います。

しかし、最低限おさえなくてはいけないポイントがあるので、私なりのアドバイスを書いていきたいと思います。

左手の握り

基本的には教則本に書いてある通りにしてください(笑)

私が思うポイントは3つ

①手首と人差し指の付け根を支点に

まず、左手のネックの握りですが、たいがいのロックギタリストは親指を6弦まで握り込みます。

まあ、クラシックギターなんかは、握り込むと怒られますが(笑)

なぜ握り込むかというと、6弦、5弦あたりが勝手に鳴ってしまうのを防ぐためです。

その際に、左手は手首を軸に、親指と人差し指で、ドアノブを左に回すようなイメージを持ってください。

そうすると、自然と手首が前に出てきます。

そして、小指が前に出てきます。

そうすると、フレットを上から押さえることができるようになるんです。

初心者の人は、ドアノブを左に回すイメージがないので、

手首が前に出てきません。指で無理やりフレットを押さえようとします。

小指がうまく使えないので、フレーズの幅が狭くなります。

手首を支点に、親指で握り込んで、人差し指の付け根でネックを挟む。

そうすると、指がグネグネと動きやすくなります。

まあ、腱鞘炎に気をつけて、イメージだけはしっかりしておいてください。

②指板(フレット)を押さえるのは爪のすぐ近くの第一関節

スポンサーリンク

初心者の人は、頑張ってフレットを押さえようとして、第一関節の指の腹を使います。

最初のうちはそれでもいいです。

でも、指の腹ではなく、指のてっぺんの爪の近くで押さえるイメージをしてください。

そうすると力がすんなりと弦に入るようになり、正確な音が出ます。

指のてっぺんで押さえる意識を持つと、指の第一関節が反ってきます。

プロギタリストの指使いを見てみてください。

指のてっぺんで押さえて、第一関節反ってます。

③人差し指で全部の弦を押さえる時は指の腹ではなく、人差し指の親指側の骨で押さえる。

初心者の人は、コードのFを押さえるところで、まず挫折します(笑)

それは人差し指の腹で全部の弦を押さえようとするからです。

そうではなく、人差し指の、自分の顔に近い方の骨で押さえるイメージ。

これはなかなか初心者の人には難しいかも。

左手の3つのポイントを書きました。

これは今でも自分に言い聞かせているポイントです(笑)

右手の振り方

これはもう左手の反対です。

手首を軸にして、親指と人差し指で挟んだドアノブを、左に回したり、右に回したりするイメージ。

細かいフレーズの時は手首だけ。

じゃ~んとコードを弾きたい時には、上記の手首の動きに合わせて、肘と肩も自然に動かすイメージです。

これも初心者の人はイメージだけでいいと思います。

これも今でも自分に言い聞かせているポイントです(笑)

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする