ギターの教則本選びについて

スポンサーリンク

今回のテーマはエレキギターの教則本についてです。

私はアコースティックギターはまず、コードが書いてある本だけをひたすら練習して、コードを覚えました。

これは正解だったと思っています。

でも、エレキギターに関しては、スピッツのバンドスコアから練習してしまったのです。

まだコードしかわからない段階で、プロの演奏するギターを楽譜にしたものを練習する。

これにはかなり無理があります。

世の中の天才的なギタリストは、レコードを聴いただけで、そのとおりに曲が弾けたなんて話も聞きますが、そんな人はめったにいません。

まずは基本となるコードをアコースティックギターで覚える。

そして、エレキギターは初心者向けの、ギターの基礎を扱ったものを1冊買う。そして、その1冊を何度も繰り返して、練習する。

それが大切だと思います。

初心者向けの教則本には、ピックの持ち方から、姿勢から、左手の握り方のスタイルからと、ギターの基本が書いてあるものを選んでください。

スポンサーリンク

私のように、いきなりバンドをコピーしようとすると、どうしても無理が出てきてしまうし、その無理を補おうとして、変なクセがついてしまいます。

僕がギターの基礎をしっかりと勉強しておくべきだったと気づいたのは、20歳を過ぎてからでした。

その時にはもう、自分のクセがついてしまっていて、なかなかしっかりとした音を出すのが難しく感じられました。

中学生や高校生でエレキギターを始める人は、基礎なんて関係ない、と思っているかもしれません。

でも、後から、基礎がきいてきます。

エレキギターの基礎、初心者向けのものを手に入れたら、とにかくそれをひたすらやる。

あれも弾きたい、これも欲しい。

そうなる気持ちはわかるのですが、1冊を完全に弾きこなせないのに、新しいものが弾けるはずがありません。

バリバリのロックギタリストで、ギャンギャン音を出しているような人でも、しっかりと基礎ができている人が多いです。

あれこれ手を出さずにまずは、初心者向けの基礎の教則本を1冊。

繰り返して練習してください。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする