ピックの種類

スポンサーリンク

今回のテーマはピックの種類です。

エレキギターを始めるならば、先日入門セットを買うのがいいとおすすめしました。中にはピックがセットのものもあります。

それはすごく便利です。届いたその日から練習が始められます。

でもここで知っておいてほしいのは、エレキギターにはピックがつきものであるということ。特に初心者の間はです。

そして、ピックにも色々な種類があり、固さも色々あるということです。

おにぎりのような形もあります。

涙のような形もあります。

その間をとったような、おにぎりのように大きくて、涙型のように丸みを持っているものもあります。

そして、固さも色々あります。

ペラペラに柔らかいもの。私の好きなジャズのギタリストは、ペラペラの涙型を使っています。

そのギタリストは、ものすごく速いフレーズを弾くのですが、ペラペラのピックを使っていると知った時にびっくりしました。

ペラペラだと、弦に当たる時の力も弱くなるので、アンプから出て来る音もマイルドになりがちです。

でも、そのジャズギタリストの音は、しっかりとした芯のある音です。

彼独特のテクニックだと言ってもいいでしょう。

スポンサーリンク

上記のように、速いフレーズを弾きたいから、ロックのような力強い音を出したいから、固いピック。

そういうことではないということです。

おにぎり型は大きいので、当たる面積が大きい。

だから、コードをじゃ~んと弾くのに向いています。

また、三角形なので、3つの角が使えるので、長持ちするというメリットもあります(笑)

その点涙型は、小さいので、弦一つひとつにしっかりと当てることができます。ソロフレーズ向きです。

初心者のうちは、自分が目指す方向がまだ定まっていないと思います。

自分の得意なジャンル、弾き方もわからないと思います。

なので、はじめのうちは、三角と涙の中間。

そして、固さもミディアムを選ぶといいでしょう。

一番いいのは、数種類しっくりと来たものを試してみることです。

比較しながら、自分のお気に入りを見つけていく。

ピックで得意分野が変わってきます。

そして、固さで出る音も変わってきます。

大切なのは、今自分が使っているピックは、ほんのひとつに過ぎないということ。

世の中には、自分にピッタリのピックがあるということを知ることです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする