なぜアコースティックギターが必要か

スポンサーリンク

今回はアコースティックギターについて書きたいと思います。

エレキギターを始めようとしている人に書いているブログなのに、何でアコースティックギターなのか、と思う人もいるでしょう。

でもエレキギターの練習には、アコースティックギターも必要なんです。

なぜか。

①エレキギターでは、ギターのボディの鳴りを感じられない。

ギターとは、まず左手でポジションを押さえて、右手で弦を弾いて音を出します。

その弦の振動が、音になって出てくるわけです。

エレキギターだと、その振動をマイクで拾って、ケーブルを通してアンプに行きます。

そして、アンプから、加工された音がでるんです。

自分は軽く弦に触れただけなのに、アンプの音量を大きくすると、当然大きな音が出ます。

これでは、自分で音量をコントロールするという意識が身につきません。

その点、アコースティックギターは、弦の振動がそのまま音になって外に出ます。

アコースティックギターをじゃ~んと弾いて、音が続いているのは、アコースティックギターのボディが振動しているからです。

このアコースティックギターのボディの振動を感じないと、エレキギターを弾いている時に、弦をはじくという感覚がなかなか体に染み付きません。

間違ってしまうと、弦をこする、弦をなでるような弾き方になってしまいます。

スポンサーリンク

なのでアコースティックギターで、ギター本来の鳴りを体感する必要があるのです。

②左手でフレットを抑える力を鍛える。

ギターは左手で、指板(フレット)を抑えます。

※通常の右利きの人の場合

エレキギターは、フレット上の弦を軽く押さえただけで、アンプから音がでます。

多少しっかりと押さえてなくても、音がでます。

なので、自分ではギターを弾けた気持ちになってしまいます。

でも、アコースティックギターは、フレット上の弦をしっかり抑えないと、音が途切れます。

しっかりと的確に弦を抑えられていないからです。

さらに、エレキギターより、アコースティックギターのほうが、弦を抑えるのに力がいります。

エレキギターばかり弾いていると、ギターをしっかりと弾くための左手の握力もつきません。

ですから、エレキギターを始めようと思っている人は、エレキギターと一緒に、アコースティックギターを買ったほうがいいと私は思います。

アコースティックギターの買い方は、エレキギターとは反対です。

通販ではなく、リサイクルショップのような中古屋さんに行きます。

そして、デザインよりも、弦をかき鳴らした時に、できるだけ長く音が鳴っているものを選んでください。

そのアコースティックギターは、ボディの鳴りがいい。

つまり、振動しやすい。しっかりと作られているということです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする